2017年6月1日木曜日

詩 135

    ∧ ∧___
   /(*・ω・)  /\
 /| ̄∪∪ ̄|\/
    |      |/



十色の花が咲く 誇らしげな立ち姿 一輪の花は空に透けて

鮮やかに真っ直ぐ 競い合い我こそは 誰もが称賛し手を叩く

空を仰ぎ目指すもの 色鮮やかに映えるもの 良き香で引き寄せるもの

透けた花は揺れるだけ あってもなくても気が付かれず それでも意味はきっとある

ただ一つ周りの花の為の花 悲しきことすら知られずに 空に溶け込み美しく



                                  透明の花 





暑い日々が続きますね。 ('ω')
これから夏、力の季節です。
頼りない足取りでも何かを掴む、なんて思ったりもします。
ふと目にしたものが心に残ったら。
そんな素敵を追いかけて。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿